全身脱毛をお考えのあなたへ〜はじめる前に知っておきたい注意点〜

全身脱毛の注意点

女性にとってムダ毛の処理は労力も時間も必要とされるとても面倒な作業です。
特に毛が濃い・量が多い方は、処理に多大なる苦労をされているかと思います。
そんな厄介なムダ毛をプロの手できれいに処理してくれるのが、脱毛サロンです。
最近ではリーズナブルな価格で気軽に通えるサロンがどんどん増えており、全身脱毛を行っている女性の数も増えてきました。
「私も全身脱毛をやってみたい!」という方、ちょっと待って下さい。
はじめる前に、全身脱毛を行う上でどんなことに注意すればよいか、注意点を知っておきたいですよね。
そんな全身脱毛の注意点をよくあるQ&A方式でまとめたのでご覧下さい。

 

教えて!全身脱毛の注意点〜Q&A〜

 

<目次>
○あなたが脱毛したい部位はそのプランにちゃんと含まれている?
○妊娠の可能性が少しでもあるなら確認して!!
○全身脱毛は生理中、前後どれがダメなの?
○アトピー、敏感肌でも全身脱毛はできる?
○タトゥーがある部分は脱毛できる?できない?
○全身脱毛は、毛深くて剛毛でもできる?
○全身脱毛に年齢制限はある?高校生、中学生でもできる?

 

<Q&A>
○あなたが脱毛したい部位はそのプランにちゃんと含まれている?
→必ず契約時に確認しよう!
一口に全身脱毛といっても、各サロンによって組まれているプランの種類は様々です。
ワキや脚といった部位は基本的にどんなプランにも含まれているかもしれませんが、VIOや顔といった部位が除外されている場合もあるようです。自分が脱毛したい部位がきちんとプランに組み込まれているかを必ずチェックしましょう。

 

○妊娠の可能性が少しでもあるなら確認して!!
→妊娠中は施術NG!
光脱毛やレーザー脱毛による施術が直接胎児に悪い影響を及ぼすことはないものの、多くの場合妊娠中の脱毛は断られます。
理由は、脱毛時に発する痛みにより陣痛が誘発されたり、刺激が母体にストレスを与える可能性があるからです。妊娠中は予期せぬ体調の変化が多いもの。安全面の意味から施術ができないことを心得ておきましょう。

 

○全身脱毛は生理中、前後どれがダメなの?
→生理中はダメな箇所あり!
全身脱毛を考えているならば、デリケートゾーンの脱毛も含まれていることでしょう。
生理中はもちろんVIO脱毛は断られます。
生理前後は肌が敏感になっていることもあり、刺激を感じやすいので、できれば生理が終わってしばらく日数が空いた頃がベストタイミングでしょう。

 

○アトピー、敏感肌でも全身脱毛はできる?
→医師に確認すればOK!
アトピーといっても症状の程度や箇所が人によって異なります。症状次第では施術も可能です。しかし、肌荒れがひどく傷が多かったり出血を伴っている場合等は脱毛できません。また、サロンによって医師の同意書が必要な場合があります。

 

○タトゥーがある部分は脱毛できる?できない?
→脱毛方法によるので確認して!
一般的にタトゥーがある方は脱毛ができないといわれています。というのは、多くのサロンやクリニックで行われる光脱毛・レーザー脱毛は肌の色素に反応して作用する仕組みだからです。ホクロやアザのある部位も反応してしまうので施術時に避けられます。色素に反応して行う以外の方法にニードル脱毛がありますが、痛みが強く価格も高めだということを認識しておきましょう。

 

○全身脱毛は、毛深くて剛毛でもできる?
→できる!
太くて濃い毛ほど脱毛の効果が感じられやすいというのが事実です。
実際、全身脱毛をしている人の声を聞くと、産毛のような薄い毛の部位よりも濃い毛の部位のほうが毛が細くなった・量が減ったという効果が目に見てわかりやすいのだそうです。

 

○全身脱毛に年齢制限はある?高校生、中学生でもできる?
→親権者の同意が必要!
多くのサロンが独自の年齢制限を定めています。高校生・中学生の場合、親権者が契約時に同伴したり、同意書を作成したりことを条件にしているようです。

 

全身脱毛注意点まとめ

全身脱毛が気軽に行えるようになったことは女性にとって嬉しい傾向ですよね。
しかし、きちんと事前に注意事項を確認し、サロン選びから慎重に行って、後悔しない全身脱毛ができるようにしたいものです。納得した上で全身脱毛を行い、つるつるスベスベのお肌を手に入れましょう!

 

全身脱毛について

 

 

TOP⇒全身脱毛